基準諮問会議 66号のテーマ提言は持越し

 財務会計基準機構は7月16日、今後の基準開発テーマを提言する「第18回基準諮問会議」を開催。これまで議論を続けてきた「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取扱い」(JICPA監査委員会報告第66号)は、主要な論点の調査を企業会計基準委員会に依頼し、次回の会議で報告を受けることとした。