収益認識の会計・税務 「取引価格の考え方」「本人/代理人」の論点

収益認識基準と税制改正を踏まえ、個別の論点につき両者間の取扱いを確認するシリーズ。本号では「設例2」における取引価格の考え方と、小売業を中心とした「本人/代理人」に関する論点につき税会間の異同を整理する。設例2は稀なケースとみられ、会計的には実務の課題になる可能性は低いと想定するも、税制との間で差異を認識。一方、本人・代理人の論点は小売業を中心に注目されたもの。表示上とはいえ、大幅減が見込まれる売上高の問題は気になるところだ。