ASBJ 収益認識に関する会計基準案を公表

企業会計基準委員会(ASBJ)は7月20日、「収益認識に関する会計基準(案)」等を公表した。「国際的な比較可能性の確保」等を目的に開発された草案は、「IFRS15号の定めを基本的にすべて取り入れ(連・個で同一の会計処理を要求)」、収益認識に関する日本基準として整備した。

ただし、実務への影響にも配慮し、一部規定について代替的な取扱いも認めている。10月20日まで意見募集を実施し、年内の基準化を目指す。適用時期は、2021年(平成33年)4月1日以後開始事業年度から(3月期決算会社の場合、2018年4月1日以後開始事業年度からの早期適用も可)を予定。

  • ZeikenBridge

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン