FASF 新規テーマにステーブルコインの会計処理

財務会計基準機構(FASF)は7月20日、第45回企業会計基準諮問会議を開催した。当日は、「資金決済法上の『電子決済手段』の発行・保有等に係る会計上の取扱い」を新規テーマとして取り上げた。電子決済手段は、いわゆる法定通貨建てのステーブルコインのうち、デジタルマネーに類似したもので、電子決済手段に関する会計基準のニーズを確認した。近く企業会計基準委員会(ASBJ)に開発を提言する( 2頁 )。

  • ZEIKENLINKS220802

  • タイアップセミナー

  • 企業懇話会 リニューアル

  • 税務通信テキスト講座

  • 図解でわかる!インボイス制度

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン