2期目からの単体簡素化・実施状況

 平成27年3月期決算会社の有価証券報告書が出そろった。当3月期の有価証券報告書の作成にあたって、ASBJが示した留意点の一つに単体開示の簡素化があがっていた。簡素化の制度は昨年導入されており、「特例財務諸表提出会社」に該当する会社は単体財務諸表について、本表などの会社法に基づく記載が認められたほか、一部の注記等も省略できる。今年の留意点の一つに、昨年、簡素化を行わずに、今年から実施する会社に対する注意喚起があった。本誌では、2期目からの簡素化導入会社について、注記等記載状況を調べた。