改正電帳法を踏まえた押印書類の「控え」の保存方法を総点検

国税庁が先般公表した電子帳簿保存法に係る一問一答(帳簿書類関係)では、パソコンで作成した請求書等の控えの保存について、代表者印等を押印する場合の取扱いが盛り込まれた( №3710 )。本誌でも紙・電子データを取引先へ交付する場合の保存義務をお伝えしていたところ( №3672 )、国税庁による一問一答の更新を踏まえ、押印した書類を郵送や電子データで送付した場合の保存対応について、あらためてケース別の対応方法を一覧でまとめた(2頁)。

  • ZEIKENLINKS220802

  • タイアップセミナー

  • 企業懇話会 リニューアル

  • 税務通信テキスト講座

  • 図解でわかる!インボイス制度

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン