ASBJ 収益認識の会計・税務をテーマにセミナー

財務会計基準機構(FASF)は7月25日、「収益認識に関する会計基準及び関連する法人税等の取扱い」をテーマにASBJオープン・セミナーを開催した。3月公表の収益認識会計基準を受けて一連の税制改正が行われ、企業側の関心は具体的な会計・税務の実務問題に移ってきている。当日は900人収容の会場がほぼ一杯となり、集まった企業関係者らが説明に聞き入った。ASBJ側の説明は、やや難解とされる規定を中心にこれまでよりも掘り下げた内容となった。法人税の取扱いについては国税庁から担当官が登壇し、法人税基本通達改正の内容やポイントを紹介した。