FASF 基準諮問会議で注記情報の充実等を議論

財務会計基準機構(FASF)は7月23日、第33回基準諮問会議(湯浅一生議長)を開催した。今回は、前回までに提案されたテーマである「『経営者が会計方針を適用する過程で行った判断』及び『見積りの不確実性の発生要因』に関する注記情報の充実」等について議論が行われた。これらの事項はIAS第1号「財務諸表の表示」で開示が求められるものだが、「そのままの形で日本基準に導入することは適切ではない」との方向で議論が進んでおり、仮に日本基準で開示の充実を図る場合のアプローチ等について検討が行われた。