国税庁 配偶者居住権設定時の小宅特例の適用関係等示す

 国税庁は7月22日,『相続税及び贈与税等に関する質疑応答事例(民法(相続法)改正関係)について(情報)』を公表した。
 配偶者居住権等と小規模宅地特例の適用関係や,令和元年7月1日以後の相続から,「遺留分減殺請求」が「遺留分侵害額請求」に変更されたことに伴う相続税や贈与税の課税関係などを示している。

  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン