ASBJ 税効果“実務指針”の移管に着手

 企業会計基準委員会(ASBJ)は7月21日、第37回税効果会計専門委員会を開催した。日本公認会計士協会の実務指針のうち会計処理に関する部分を、「税効果会計に係る会計基準の適用指針(案)」として移管するための検討を開始。税率に限らず税効果会計の適用に関連する税法上の規定全般について、「どの時点での税法を適用するか」も検討課題とされた。