“サプライズ!”対談「コンバージェンスのあり方と会計基準(設定主体)の将来」(斎藤静樹・明治学院大学教授VS西川郁生・ASBJ委員長)

 日本の会計学界を代表する碩学であり、企業会計基準委員会(ASBJ)の初代委員長を務めた斎藤静樹・明治学院大学教授と、コンバージェンスの担い手であるASBJの現委員長・西川郁生氏のお二人を迎え、「コンバージェンスのあり方と会計基準(設定主体)の将来」をテーマに「Ⅰ.金融庁企業会計審議会の『中間報告』を巡って」、「Ⅱ.金融危機対応を巡って」、「Ⅲ.会計基準(設定主体)の課題と展望」を論じ合っていただいた。前・後編の2回連載、後編は次号で。