監査審査会、検査指摘事例198件を公表

 金融庁の公認会計士・監査審査会(CPAAOB)は6月30日、「監査の品質管理に関する検査指摘事例集」の改訂版を公表した。これにより、監査の“質”確保に向けた監査事務所の自主的な取り組みを促すねらいだ。今回の改訂では、平成20年度までの検査で確認された事例や会計基準等の改訂等を踏まえ、指摘事例の追加・削除等の見直しが行われた。掲載された指摘事例は合計198件。