電子商取引専門調査チームの動向(1) 現在の情報収集の方法とは

スマートフォンの普及等で、個人間の電子商取引の市場規模が日進月歩のスピードで拡大している。電子商取引に関して、国税庁では平成13年から「電子商取引専門調査チーム」を全国税局に設置。現在では、ネットサービスの提供事業者や仮想通貨を取り扱う事業者等に接触し、情報収集等が行われているようだ。