エンドースメントの作業部会設置

 企業会計基準委員会は7月25日に開催した第269回本委員会において、「IFRSのエンドースメントに関する作業部会」の設置および委員の選任を承認した。金融庁・企業会計審議会の方針決定を受け、「エンドースメントされたIFRS」の開発を行う。同作業部会は、作成者、監査人、利用者、学者、ASBJ委員・スタッフにより構成され、作成者の代表には、IFRSを任意適用した住友商事も加わっている。今後、具体的な検討に入る。