収益認識基準案 適用時期のポイント

「収益認識に関する会計基準(案)等」(ASBJが7月20日公表)には、その「適用時期」について「強制適用」と「早期適用」の定めがある。早期適用は、「IFRS15号の適用と同時に個別財務諸表にも(日本基準としての)収益基準を適用したい」とする企業側の要望に応えるもので、IFRSの任意適用企業等での採用が予想される。ただし、主に3月決算会社と12月決算会社とで適用のタイミングが異なるので、本号では基準案の規定内容を整理した。