2016年上半期のIPOは42社

 2016年上半期の新規上場(IPO)は42社だった(本誌調査)。前年同時期より3社減少したが、前年とほぼ同水準となり引き続き高水準で推移している。業種ではサービス業が13社で最多となり、前年トップの情報・通信業を上回った。市場別ではマザーズが25社で全体の約6割を占めた。監査法人別では新日本が13社で最も多かった。