ASBJ 収益審議は最重要論点「認識時点」へ

 企業会計基準委員会(ASBJ)は8月3日、第68回収益認識専門委員会を開催した。同専門委では、個別の論点について、IFRS15号の関連規定と日本基準の文案(イメージ)とを比較しながら検討の進め方を探る一方、新たな課題などを抽出している。当日扱った論点は「一定の期間にわたり充足される履行義務(ステップ5)」。「収益認識の肝」とされる最重要論点であることから、文案の表現(書きぶり)について委員から細かな指摘が相次いだ。委員らの意見や企業の実務への配慮など応えるべき課題が多く、今後の進展に向けてアイデアが必要だ。