税務当局が調査充実等を図る超富裕層の管理体制の仕組みが明らかに

 既報のとおり(No.3365等)、前事務年度から東京、名古屋、大阪の各国税局に超富裕層向けのプロジェクトチーム(PT)が設置された。関係先等を含むグループ単位での管理を進めることで、漏れのない検証、調査が行われている。今事務年度からは、未公表の試行通達に基づき管理・調査が実施され、通達では超富裕層をA、B、Cの三つに分類・管理し、その分類の基準や対応策が示されているという。