CPAAOB 2019年版モニタリングレポートを公表

公認会計士・監査審査会(CPAAOB)は7月30日、2019年版の「モニタリングレポート」を公表した。監査業界の概観や監査事務所の運営状況等をまとめたもので、19年版には監査法人のガバナンス・コードへの取組みや求められる対応などを盛り込んだ。会計監査人の異動件数が過去5年間で最多であったことや大手監査法人から準大手監査法人以下への異動傾向の継続なども示されている。