IFRSへの対応は「連結先行」で

 金融庁は7月31日、市場関係者を招き、「わが国企業会計のあり方に関する意見交換会」を開催した。日本経済団体連合会、東京証券取引所、財務会計基準機構・企業会計基準委員会、日本公認会計士協会、学識経験者などが参加したこの会合では、IFRS(国際財務報告基準)への対応をめぐり議論。まず連結財務諸表を国際基準にしていく「連結先行論」で大方の合意をみた。