10月から法人事業税率が大幅改正~地方法人特別税のスタートで本誌が超過状況を調査

 本年10月1日以後開始事業年度から地方法人特別税制度がスタートする。

 これは、現行の法人事業税の一部を国に委譲した後、国が地方に再配分するものだが、制度導入に合わせて、企業の税負担に変化はないものの、事業税率が一部手直しされたことから、これまで事業税の超過課税を行っていた8都府県では超過税率についても見直しを行うこととなっていた。

 その状況を本誌がこのほどとりまとめたので一覧表形式で紹介する。