収益認識の会計・税務 共通商品券の取扱い

収益認識基準により、商品券の会計処理が従来と変わり、特に非行使部分の取扱いに留意が必要なことは既報の通りだ(No.3365・2頁)。商品券の種類は多様だが、いま百貨店などで多く使われているのは、全国の店舗で使用できる「共通商品券」だという。今回は、共通商品券と自家型発行(自社でのみ使用できる商品券)の違いや、発行から精算までの仕組み、新基準の会計処理などについて確認した。