東証 2017年度の「会計基準の選択の考え方」を分析

東京証券取引所は7月31日、「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の開示内容の分析結果を公表した。分析対象会社は2017年4月期〜2018年3月期決算の会社3,594社。そのうち、国際会計基準(IFRS)適用済・IFRS適用決定・IFRS適用予定の各社の合計は204社(前年比+33社)。「基本的な考え方」で、IFRS適用に関する検討を実施していることを記載した会社は202社だった。計406社の時価総額は分析対象会社の5割を突破した。