相続税の申告件数の増加に対応するため、国税庁が調査の選定基準等の見直しに着手

 平成27年1月1日以後の相続税については,基礎控除が「5,000万円+法定相続人×1,000万円」から「3,000万円+法定相続人×600万円」となる等の見直しが行われて、課税ベースが拡大されている。この課税ベースの拡大により、相続税の申告件数は増加傾向という。国税当局は調査の対象事案を厳選すべく、選定基準を含めた審理事務の見直し作業に着手している。