ASBJ 税効果新指針の最終化に向け審議再開

 企業会計基準委員会(ASBJ)は8月11日、第23回税効果会計専門委員会を開催した。「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(案)」の最終化に向けて、今回は公開草案における質問(9項目)のうち、主に質問6までを審議した。コメントでは、監査委員会報告第66号を踏襲した本指針案について「同意する」意見が多数。ただし、分類4の企業を分類3または2とする場合の取扱いの明確化など、更なる検討を求める意見もあった。ASBJはコメントを踏まえ、今後の対応を検討していく方針。