本誌読者限定 30年版類似業種比準価額の自動計算シートを提供

取引相場のない株式の評価方法の一つ、類似業種比準価額方式が昨年見直され、利益金額の比重が大きくなった。同方式で使用する30年分の類似業種平均株価表の1・2月分が6月に(No.3512)、5・6月分については8月10日に公表されている。本誌では、昨年に引き続き、同方式の計算等ができる表計算ファイルを読者に無料提供することとした。多少面倒な計算や、手間がかかる複数の事業を営む会社の類似業種の判定について簡単に行えるようになっている。また、30年分からは株価表の一覧も印刷対応できるようにした。