「連結先行」論とは?

 既報のとおり、IFRS(国際財務報告基準)への今後の日本の対応のスタンスとして、「連結先行」で行くことが有力になっている。この「連結先行」論とは、連結財務諸表に係る会計基準のコンバージェンスを「単体」財務諸表に係る会計基準より先行させて検討を進める考え方。連結を先行させてコンバージェンスと日本の制度的な対応を行うもので、「連単分離」論と異なり、単体に係る会計基準もできるだけ早く連結に合わせることを視野に入れている。ただ、IASB等で現在開発中の収益認識基準など、あまりにも現在の日本基準とかけ離れているため、税制との調整など、今後の課題も山積みの情勢だ。