土地再評価差額金とその他の包括利益、24年3月期では税率変更受け計上多数

 「包括利益の表示に関する会計基準」の適用が2期目となった平成24年3月期決算において特徴的だったのは、連結包括利益計算書のその他の包括利益に土地再評価差額金の増減額を計上した会社が多かった点。これは、法人税等の税率が変更されることに伴い、当該評価差額に係る繰延税金資産および繰延税金負債の金額を修正したことで認識されたもの。土地再評価差額金を計上している会社の多くでみられた。