超富裕層PT設置3局以外の一定の富裕層に対する管理運営体制を報告

 東京、名古屋、大阪の各国税局では、いわゆる超富裕層プロジェクトチーム(PT)を設置し、前事務年度に続き今事務年度も試行通達による運用を継続している(No.3414)。 全国展開は先送りとなったとはいえ、3局以外でも、超富裕層PT体制が敷かれるまでの間、全国的に実施されてきた管理体制を継続し、一定の富裕層への管理を強めている。

 平成27年1月以後の相続税の課税ベースの拡大により、相続税調査が注視される中、所得課税はもちろん、資産課税の観点から中長期的な管理を局署等で横断的に行う3局以外における国税当局の管理・調査の体制について、Q&A形式でお届けする。