資産除去債務の会計処理~見積変更時に利益が生じるケースも

 平成22年4月1日以後開始事業年度から適用される「資産除去債務に関する会計基準」。この会計処理で企業の実務担当者を悩ませているのが、資産除去債務の見積もりだという。重要な見積りの変更が生じた場合には、その差額は,資産除去債務の帳簿価額および関連する有形固定資産の帳簿価額に加減して処理する。こうした見積もりの変更を行う際に、利益が出るケースが指摘されている。
  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン