ASBJ 収益認識 JICPA報告で24事例を検討へ

 企業会計基準委員会(ASBJ)は8月24日、第55回収益認識専門委員会を開催した。同専門委では、IFRS15号の公表を受け、わが国での収益認識基準の開発を検討している。現在、IFRS15号の概要を把握し、これをわが国に適用した場合の実務上の論点などを抽出している段階。当日から日本公認会計士協会(JICPA)により報告された論点の検討を始めた。実務上の論点としてとりあげるのは24事例。今後、3回程度にわたって議論する。