27年1月施行の贈与税率改正、特例贈与と一般贈与がある場合の計算を確認

 相続税の基礎控除の引下げや最高税率の引上げなど、相続税の課税強化を行った平成25年度税制改正は、贈与税については世代間での早期の資産移転を促進するため、20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた場合の税率の特例制度を創設した。

 この特例贈与に係る税率の緩和措置が相続税の改正と同様に27年1月1日から適用される。

 同一年中に直系尊属から贈与を受けた特例贈与財産と一般の贈与財産がある場合には一定の調整計算を行って贈与税額を算出する。
  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン