金融庁 当面の方針受け諸規則改正、IFRS適用の要件緩和

 金融庁は8月26日、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令(案)」等を公表した。この改正は、同庁の企業会計審議会総会・企画調整部会合同会議が6月20日に公表した「国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針」を受けた措置。同方針の中で示したIFRSの任意適用要件の緩和に向け、連結財務諸表規則等における関連規定を改める。改正後の規則等の適用は、公布の日からを予定している。同庁では、改正案に対する意見を9月25日まで受け付けている。