法令通達からみる個別対応方式への対応方法・課税仕入れの用途区分の考え方や手順等を再確認

 仕入控除税額の計算上、個別対応方式を採用する場合は、「用途区分」が正しく行われていないと、結果として納付する消費税額の計算が正しく行われないことになりかねないため、あらかじめ、これらの法令の規定や取扱いを正確に理解しておくことが非常に重要だ。

 本誌では、平成23年度税制改正の消費税仕入税額控除に係る、いわゆる95%ルール見直しについて、読者の皆さんに疑問点等を募り、それをベースに実務対応のポイントを紹介している。はじめての対応となる担当者も多いことから、質問の中には、課税仕入れの用途区分の具体的な方法のほか、個別対応方式の実務を基本からまとめて掲載して欲しいといった要望も多く寄せられている。

 そこで、本誌は基本となる法令通達等の定めに従った対応方法をとりまとめて提供することとした。個別の取扱いを示した国税庁の質疑応答事例等も交えて紹介しているので、是非本誌でご確認願いたい。