来夏にも会社法改正に向けた中間試案公表

 法務省は8月25日、法制審議会・会社法制部会の第4回会議を開催した。同部会では、「企業統治の在り方」や「親子会社に関する規律」に関し、会社法制の見直しを検討している。今回の会議では、前回までの審議結果を整理した論点とスケジュール案が提示され、個別論点の検討がスタートした。主な論点は、監査役の監査機能や取締役会の監督機能など。今後は月1回のペースで審議を開催、来年夏にも会社法改正に向けた中間試案が取りまとめられる見込みだ。