読者限定・本誌オリジナル「相続税納税猶予額計算ツール」提供開始~制度利用の検討に不可欠なシミュレーションに最適

 事業承継で非上場株式等の相続税納税猶予制度の利用を検討するには,実際に,非上場株式等の評価額を試算し,納税猶予額のシミュレーションを行ってメリットを確認する作業が必要不可欠だ。

 しかし,納税猶予額の計算は,承継者以外の相続人への影響を排除するために,「承継者が,その非上場株式のみを相続すると仮定して計算した相続税額から,承継者が,その非上場株式の20%のみを相続すると仮定して計算した相続税額を控除した金額」とされている上,納税猶予の対象が,発行済株式等の3分の2に達するまでとされているため,その限度額を考慮する必要もあって,なかなかに複雑な計算が要求される。

 そこで,本誌では,相続税の納税猶予額のシミュレーションを行う表計算シートを作成し,読者限定でお届けすることした。なお,ツールの詳しい使い方は次週掲載する。