衆議院選挙で民主党が過半数獲得し第一党に・政策決定とともに注目される税制改正プロセス

 今週は,各省庁の22年度税制改正要望の概要と,選挙公約上の民主党税制改正プロセス改革案を紹介する。8月30日の衆議院選挙で民主党が単独で308議席を獲得し,政権交代が現実のものとなったが,同党が衆議院で単独過半数を得たことで,従来の政策決定プロセスが大きく変更されることは確実とみられている。

 一方で,衆院選翌日の31日には,例年どおり,各省庁が22年度予算の概算要求を行うとともに,税制改正要望を提出した。また,民主党は目玉政策の一つである子供手当ての財源確保のため,所得税の配偶者控除・扶養控除の廃止を政権公約に掲げている。

 したがって,現段階では,22年度税制改正については,その決定プロセス・内容とともに,不明な点が多く,今後とも,新政権の動きを注視する必要があるだろう。