工事進行基準による収益認識は困難に

 企業会計基準委員会(ASBJ)は9月1日、第184回委員会を開催した。当日は「収益認識に関する論点の整理」の公表を議決。国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計基準審議会(FASB)が共同で公表した新たな収益認識モデル等を踏まえて公表するもので、収益認識に関する国際的な議論の動向を紹介し、今後の日本の収益認識基準のあり方について広く関係者から意見募集するのが狙い(11月9日締切)。