2022年9月6日配信『中小企業のDX化と生産性向上』アーカイブはこちら 講師 公認会計士・税理士 荻原 紀男|ZEIKEN SESSION

DXは規模の大きい企業だけの取組みではなく、中小企業や会計事務所においても共通して求められる変革です。
しかし、現状では、DXに対する意識の問題やIT人材の問題等を理由として、DX化が進んでいないケースが多く、大企業に比してその対応が遅れている傾向にあるようです。
中小企業や会計事務所がDX化を成功させ、生産性向上や業務の効率化を勝ち取るためには、何を変えて、何をすることが必要となるか。本講座では、中小企業や会計事務所が事業戦略のためにデジタルを活用する方法について、わかりやすく解説をします。

【プロフィール】
公認会計士・税理士 荻原紀男
中央大学商学部会計学科卒業。アーサーヤング公認会計士事務所入所。朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)に転籍。税理士法人プログレス開業 統括代表社員(現任)。株式会社 豆蔵K2TOPホールディングス 代表取締役社長(現任)。株式会社ROBON 取締役会長(現任)。一般社団法人ソフトウェア協会 名誉会長(現任)。一般社団法人 日本IT団体連盟 幹事長(現任)

ご視聴はこちらから

※本アーカイブは、2022年9月6日に実施した「ZEIKEN SESSION」(税務研究会とROBONとのタイアップオンラインセミナー)での配信セミナーとなります。内容は、配信日現在の法令等に基づいております。

  • ZS240619

  • intec240614

  • えほん240819

  • PRESSLINKS230921

  • 通信DB インボイス制度関連記事特集

  • 官公庁公表資料リンク集

  • 税務通信テキスト講座

  • 図解でわかる!インボイス制度(11/30まで掲載)

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン