100万円までの配当非課税制度導入、住宅ローン減税延長等を要望~平成21年度 各省庁の税制改正要望が出揃う

 各省庁はこのほど、平成21年度税制改正に向けた要望事項を取りまとめた。

 主要項目としては、金融庁では100万円程度までの上場株式等の配当を非課税とする「小口の継続的長期投資非課税制度」の導入、国交省では今年末に適用期限切れとなる「住宅ローン減税制度」の延長及び拡充を要望している。

 また、環境省では「環境税の創設」を含めた税制全般の見直し、厚労省では社会医療法人が有する救急医療用建物等に係る「登録免許税等の非課税措置」の導入、農水省では農地制度の見直しに伴う関係税制の設備等を要望した。
  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン