定率法から定額法への流れ鮮明

 平成26年3月期第1四半期に有形固定資産の減価償却方法を変更した会社は89社あった。本誌の調査で分かった。定率法から生産高比例法への1件を除く、88社が定率法から定額法への変更だった。逆はなかった。24年3月期から3年連続で50件を上回っている。