役所調査を行わないと過大評価につながることも!【税務QA-2019年9月号】

先月号に引き続き、今月も土地評価を特集します。
役所調査は、目に見えない法律などによって生じる減価要因に気づくために極めて重要です。
役所調査がなぜ必要なのかといった基本的なことから、どのような手順で行えばよいかまで、写真や図表を交えながら丁寧に解説しています。

QA201909P12-1.png

月刊税務QA 資料請求はこちらから 


税務QA2019年9月号

⇒〔最新号の特集〕
土地評価における「役所調査」
~「なぜ必要か」、「何を調査するのか」を徹底解説!~

⇒〔最新号の連載〕
好評連載中!
■税金裁判の動向【今月のポイント】
第199回 農協から受けた債務免除益の所得区分
■判決から読み解く税務会計
第15回 減価償却単位に関する判決(NTTドコモ事件)
■実務家のための民事信託
第9回 信託と相続税申告の留意点、委託者(受益者)が複数いる場合の留意点

⇒〔最新号のSelection Q&A〕
第一線の執筆陣が、実務上重要で汎用性の高い事例を取り上げます。
CASE1 グループ法人税制、課税売上割合に準ずる割合の適用と高額特定資産の取得
CASE2 非上場株式等について贈与税の納税猶予を適用した後における当該株式の譲渡
CASE3 副業により生じる所得の課税関係

⇒〔最新号のFAQ〕
実務上、すぐに役立つ税制上の知識や取扱い方について、税目別にワンポイント解説します。
【消費税】軽減税率制度(その10:令和元年7月改訂の新Q&A)
【地方税】個人住民税-1(課税時期と賦課期日)
ほか


税務QAとは?
ほぼ全編Q&Aの形式で、実務上重要な事例から初心者向けの基本的な事項まで幅広い内容を取り上げる月刊誌。解説に図表等を織り込み、見開き中心の見やすい誌面構成には定評があります。

詳しくはこちら