ASBJ無形資産専門委 研究と開発の区分方法などを検討

 企業会計基準委員会(ASBJ)は8月28日、「第2回無形資産専門委員会」を開催した。同専門委員会は、国際会計基準審議会(IASB)とのコンバージェンス・プロジェクトの一環である「無形資産(開発費を含む)」の取扱いを審議。(1)開発費の資産化の妥当性や(2)企業結合による仕掛研究開発費などについて、年内にも論点整理をまとめる方針だ。今回は、研究開発費の定義や資産化の妥当性を巡る議論が行われた。