IASB 「のれん」の処理改訂を検討

企業会計基準委員会(ASBJ)は8月29日、セミナーを開催した。国際会計基準審議会(IASB)のハンス・フーガーホースト議長が講演を行ったほか、鶯地隆継IASB理事が最近の基準開発動向を解説した。のれんの会計処理の簡素化のため、減損テストの緩和措置やのれん償却の再導入について検討を進め、ディスカッションペーパーの公表を目指す予定である。