企業型DC導入による役員給与減額 一部が損金不算入になることも

役職に関係なく加入可能な企業型確定拠出年金制度(企業型DC)は、企業側にとって運用リスクが回避できる上、従業員側も所得税の負担軽減などのメリットがあるため、導入企業数が年々増加している。

このうち、選択制DCと呼ばれる手法で企業型DCに拠出する掛金には、社会保険料のように毎月の給与の控除項目として拠出されるのではなく、加入者の毎月の給与総額そのものを減額して拠出されるものがある。役員の掛金を給与総額から減額して拠出した場合、役員給与の一定額が損金とならない恐れがある。