ASBJ 有償新株予約権に係る会計処理案にコメント多数

企業会計基準委員会(ASBJ)は9月7日、実務対応専門委員会で「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い(案)」等に寄せられたコメント対応を議論した。同案は、「当該取引は報酬性を持つ」として、ストック・オプション基準に準拠した取扱いを提案している。「報酬性はないのでは」とのコメントも複数あったが、事務局は「資金調達や投資機会提供のほか、報酬としての性格を併せ持つ」としている。