金融庁・会計審 監査報告書等の在り方を議論

金融庁は9月8日、約3年ぶりとなる企業会計審議会総会を開催した。当日は、「会計・監査をめぐる動向について」をテーマに、金融庁、財務会計基準機構(FASF)、企業会計基準委員会(ASBJ)がそれぞれの活動状況等を報告した。委員からは、プロ投資家以外の個人投資家や経営者等の会計リテラシーの向上を促す重要性を指摘する声があり、監査報告書の透明化の議論では「わが国の監査報告書の在り様をしっかり検討するように」との注文も。