日本会計研究学会 研究対象はグローバルからグローカルへ

 日本会計研究学会は9月12日から14日にかけて、静岡県コンベンションアーツセンターで第75回大会を開催した。大会の統一論題は「グローカル時代の会計」。研究対象が特定の組織体や制度のグローバル化にとどまらず、「グローバル」と「ローカル」の様々な結びつきを形成する方向へと進展している現状を反映した内容となった。13・14日には、同テーマについて5つの会場で研究報告・討論が行われた。