消費税率引上げ 新税率と旧税率混在取引も区分記載が必要

来年10月から予定される消費税率の引上げ。軽減税率対象取引がある場合,請求書等には新税率10%と軽減税率8%を区分して記載しなければならない。また,新税率10%と経過措置による旧税率8%の取引が混在している場合にも区分記載が必要となるという。

  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS191223

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 知ってる?消費税

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン