改正退給基準 9割強が「給与算定式基準」を選択

 「退職給付に関する会計基準」の適用にあたり、退職給付見込額の期間帰属方法の選択について、大多数の会社が「給付算定式基準」を選択したようだ。本誌では、退職給付債務および勤務費用の計算方法の見直しに係る改正規定が適用される27年3月期第1四半期の適用状況を調査した。期間帰属方法に関する記載があった会社(1,402社)のうち97.1%が「給付算定式基準」を選択している。
  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン